胡麻若葉の栽培方法は? 直播きとプラグ苗から

●胡麻若葉は、現在鹿児島、熊本、島根、京都(テスト栽培)の実績がありますが、
 栽培方法は、大きく分けて2つです。
 1つは胡麻を収穫する方法と同じで農場に直播する方法と、いったん小さなブラグ苗に1粒の種から数センチまで成長させてから、農場へ移し替える方法です。

●農場に直接植える場合は、後で間引きをする必要がありますが、プラグ苗の場合は、その必要がない点が違いますが、今年2915年の鹿児島はブラグ苗から栽培されています。

■農場への直播き 
(1つの苗床に5から6粒程度の胡麻の種を播きます。深さは人差し指の第二関節程度)
 
 ※胡麻の種子数粒を一か所に落といていきます。

 ※胡麻若葉の芽がでたところです。


●ビニールハウスでのブラグ苗
 ※胡麻若葉ではありませんが、ブラグ苗での栽培植物です。(2014年10月撮影)
 ●5センチほどプラグで栽培した胡麻若葉(2015年6月1日付け)
 ※日本大学研究室にて撮影